Myself vol.2 -family-

 

BE6A7668

 

 

私自身のブログ、2回目は家族について。
今まで恥ずかしくて中々勇気を出せなかったのですが、今回は良い機会なのでお話しします。

 

私は4人家族で、2歳上の兄がいます。

 

私の家族の家訓
「何をする時も自分でよく考えて、責任を持て」

幼いながらも私と兄は理解し、人の観察と、よく考えることを覚えました。

私の兄。
小さい頃、兄は髪が長くて、従姉妹のお下がりの服を着ていたので、よく姉妹に間違われていました、、、
兄とは年が近いせいか、よく喧嘩をしていたり、すぐ仲直りをしたり。。
何が気に入らなかったのかは不明ですが、顔を合わせれば喧嘩になり、、、
割と男勝りな家だったので、手加減無しの取っ組み合いになって怪我だらけの幼少期。
兄は空手をやっていたのでキック力が凄まじかったのを覚えています。。
たまに気が合う日もあれば悪さばかりしていました。
今では、私が地元に帰れば駅まで迎えにきてくれたり、たまに名古屋まで来てくれる程です。
お互い大人になり、その頃のことを笑って話せるくらいです。

私の父は洋服のバイヤーをしていました。
センスがあり、知識も豊富です。私の服好きは父の影響です。
未だにダメ出しをされることもあり、服のことに関しては頭があがりません。。

朝早く、夜遅くまで仕事をしていた父。
私たちが寝ている間もたくさん働いていました。

私と父は誕生日が同じです。
幼い私は家族で同じ誕生日なんて、そんなことがあるのかと不思議でした。
なので自分のケーキを父が食べてることが嫌でした。。

 

私の母はとても強いです。
見た目からはわかりませんが、肝が据わっているというかなんというか。。
昔はバイク乗りだったそうです!
基本、私のやることに何も言いませんが、
長い反抗期、母は私を見捨てないで怒ってくれました。
そのとき、初めてちゃんと見てくれているんだと思いました。
私も見ててほしかったんだと思います。
母はマイペースで話し相手がいないのかはわかりませんが、
たまに電話がかかってきたと思ったら一方的に話して切られます。。(笑)

遠くにいても言葉は厳しくも心配してくれる母。
母は偉大です。

 

私の家族の最大の出来事。
去年の暮れのことです。

父が病気になりました。
それも重度の。
あと数日の命とまで言われた父。
しかし父は奇跡的な復活を遂げて、現在は通院生活をしています。
ICUの中で何週間も動かなかった父が、
今、普通に歩いたり、話したり、ごはんを食べたりしている姿を見ると少し泣きそうになります。

書いているうちに会いたくなるものですね。
離れて生活している分、たまに会える家族の時間を大切にしようと思います。

 

tanaka

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中