My Faorite things Vol.2 -Accessories-

blog2

女の子は物心ついたときから自然とアクセサリーが好きになりますよね。つけなさいと言われたわけじゃないのに、飾りをつけたくなるのはなんでだろう?と時々不思議に思います。

スタジオに来る女の子たちも、お気に入りのブレスレットやネックレスをつけていたり、指輪をはめていたりと、小さいながらに立派な″女心”を持っています。

私も小さいころはキラキラした石のついたアクセサリーが好きで、スーパーなんかに売っていた、お菓子がおまけについているようなネックレスを買ってもらっていました。子供の時、お買い物にいくときに買ってもらうお菓子はたいてい100円までだったので、300円だったか500円ぐらいするアクセサリーを買ってもらうのはすごくたまにだった気がします。

スタジオに来る女の子が大きな石のついたアクセサリーをつけているのを見ると、懐かしいな~と思います。女の子の好きなものは、いつの時代でも変わらないんですね。

私は普段大体ピアスをつけていますが、鏡を見た時なんかにキラッとしたものが目に入ると、家にいる素の自分とはまた違う私だなーとちょっと気持ちが明るくなります。

名古屋店には毎日欠かさず同じ指輪をつけているスタッフもいますが、お気に入りのアクセサリーは自分を普段より少し綺麗にみせてくれるような気がして、気持ちを盛り上げてくれるものです。

***

写真のネックレスは、大人になって父親からもらったものです。

20歳のときだったかな…違うかも…。

うろ覚えですみません。

私の誕生石であるペリドットのネックレス。スーパーのとは違う、本物の石が入ったネックレスをもらうのは初めてで、素敵な贈り物でした。

あまりつける機会のないものだからこそ特別な思い入れのあるものが良いと、私は思っています。

思い出に残る時間身に着けているものも、やっぱり大切なものであって欲しいのです。

それに改まった場でこういうアクセサリーをつけると、気持ちがしゃんとします。

きちんとした礼装、ドレスや着物なんかは、まるで自分が別人になれたかのような気になりますよね。背筋がいつもよりピンとのびて、歩き方や所作も、ちゃんとしなきゃという気になります。アクセサリーは、ドレスより手軽に、でも効果的にそんな気分を与えてくれるものです。

女の子は変身願望があるといいますが、身に着けるものによってどんな人にもなれる、というのがアクセサリーの魅力ですね。

いつも身に着けるわけではないけれど、時々つけるからこそ価値があって。
「今日は特別な日なんだ」と意識できる。

このネックレスは、そんな風に私の気分を特別なものにしてくれる、大切なものです。

BE6A6309

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中